ほうれい線 対策

化粧品からほうれい線対策をしよう

ほうれい線はできるとなかなか消せないので、
もしできてしまったら早く対策をしないと、化粧品では
隠せないほどの深いシワになってしまいます。

 

まだ大丈夫と放っておかないで、すぐに対処しましょう。

 

 

ほうれい線の1番の原因は、乾燥とたるみ、紫外線です。

 

紫外線からできるほうれい線の対策は、UVカットができる
化粧品を使うことです。冬でも紫外線はありますから、
一年中使うようにしましょう。

 

たるみをなくすには、コラーゲンなど保湿成分でしっかりと
肌にハリと弾力を与えることです。

 

ヒアルロン酸、ビタミンA、ロイヤルゼリーやセラミドなどの
ほうれい線に効く成分が入っている化粧品は、対策として
バッチリでしょう。

 

ほうれい線対策の口コミやランキングでも、このような成分の
入った化粧品が圧倒的に人気です。

 

 

そして、何よりも普段の生活習慣が大きく関わってきます。
バランスの良い食事と質の良い睡眠を心がけ、それにプラスして
化粧品を使えば、対策はしっかりできるでしょう。

ほうれい線対策に良いメイクグッズは何?

できてしまったほうれい線を消すための対策グッズに、
何か良いものはあるのでしょうか?

 

 

レチノールが配合されたクリームは、肌に弾力を与えて
ふっくらとハリのある肌にしてくれるので、是非オススメします。

 

使い方にもポイントがあります。
適当に顔に塗っていませんか?ちゃんと、シワを伸ばして、
しっかり塗りこんでくださいね。

 

 

メイクでもほうれい線対策グッズはあります。
よくファンデーションがほうれい線の溝に詰まっている人を
見かけます。

 

コンシーラーを使わずに、リキッドファンデーションを
薄く伸ばすように塗ると良いでしょう。

 

リキッドファンデーションの方が、パウダーファンデーションより
しっかり密着するので、オススメします。

 

 

化粧品以外にも、ほうれい線対策グッズはあります。
たとえば、紫根エキスやヒアルロン酸配合のシートや、
マウスピース、口にくわえて筋肉を鍛えるものも人気です。

 

使いやすさや効果など、人によって違いますから、口コミの
意見などを参考に考えてみると良いかもしれませんね。

 

どんなほうれい線対策グッズでも、使い続けなければ効果は
あらわれないでしょう。自分に合ったグッズを選んでください。

リンパを利用してほうれい線対策をしよう

乾燥とたるみが、ほうれい線の原因になっていますが、
たるみはリンパの流れが悪くなって、むくむことで起こります。

 

つまり、リンパを利用してそのむくみを取れば、たるみの予防に
なり、さらにはほうれい線の対策にもなるわけです。

 

下唇の下と口角、鼻の下や小鼻の脇から頬骨にツボがあります。
このツボをおすと、むくみ解消になります。

 

そして表情筋を鍛えましょう。

 

顔の筋肉を意識しながら、話したり笑ったりするだけで
表情筋は鍛えられます。これなら普段からできますね。

 

リンパの流れを良くすることが、むくみや乾燥の予防になり、
結果、ほうれい線対策になります。

 

 

乾燥予防には、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿力の高い
化粧品を使うと効果的です。

 

乾燥すると弾力がなくなり、肌がたるんでしまいます。

 

 

ほうれい線対策にはリンパマッサージと保湿。この2点を
しっかりおさえておきましょう。

 

予防にもなりますし、できてしまったほうれい線にも
効きますよ。